MENU

女性一人で起業して20年①

2018年8月18日

こんにちは。

日本マインドセット協会の内山さおりです。

 

ここのところ女性の起業という言葉を

良く目にするようになりました。

 

当時は起業とは思っていませんでしたが

私もその一人です。

 

20歳頃大手百貨店でアパレルの仕事をしていましたが、

いつか自分で店舗経営をしたいと思っていました。

 

どんなに工夫して無理だと思っていた予算をクリアしても

ボーナスは少し増えても給料は変わらないし、

昇給に魅力を感じず…

 

当時は遊ぶことが楽しかったということもありますが

自分で何かしたいとおぼろげに思うようになりました。

 

しかし、家業を継いだわけでもなく

生活していけるだけの仕事を

自分だけでしていけるだろうかという不安。

 

始めてからすぐにうまくいかず、

その後数年間は生活のために

複数の仕事をしながら経験を積みました。

 

当時は知識も勇気もなく

借入なんていうことも思い浮かばず、

誰も助けてくれる人はいなかったので

不安もありつつしかしあきらめず

地道に続けたことが思い出されます。

 

最初の転機は

当時していた他の仕事をやめた時。

 

地道に続けてきた化粧品の店舗を始めることにしました。

 

ある程度お客様はいましたが

これまでと大きくやり方を変えていないのに

そう急に拡大なんてしない。

 

当時は何とかなるくらいにしか考えていなかったので

考えが甘かったと思います。

 

しかし、今思うと

先ほど書いた

「いつか自分で何かしたいと、あきらめず地道に続けた」こと。

 

それがマインドセットだったんだと

マインドセットを学んで知りました。

 

何かしたいと思っても、

問題が起きた時にやめてしまうことも多いですよね。

 

そして、問題とは必ず起きるもので

それは当たり前だと思っているかどうか

ということも学びました。

 

そう思っていたならば

「どう乗り越えすか」という

解決することを考えるのだと思います。

 

当時の私はそのことを知る由もなく

次々とやってくる問題に

右往左往する日々が続いたのですが。

 

何が間違っているのか、

どうしたら良いかの判断ができず

迷宮に迷い込んでいたように思います。

 

マインドセットを学びながら

これまでのこと

今も日々起きることから

大きな気付きがある毎日です。

 

 

そしてその後の店舗経営については

次回に続きを書きたいと思います。

 

-------------------

マインドセットについて学び、ビジネスに活かしませんか?

 

個人向けの「マインドセットコーチ」についてこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事

    著名な経営者やアスリートも実践している「マインドセット」 新潟市倫理法人会様のモーニングセミナーでマインドセットについて講話させていただきました。 高橋会長の素敵な笑顔、そして朝早くからの学びの時間はとても清々しい気

  日本マインドセット協会の内山さおりです。   協会が発足しおかげさまで5年になりました。 東京・神奈川・茨城・新潟・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡・徳島・熊本…と 各地に協会認定マインドセットインストラクターがおりますが、 今回は第

こんにちは。 黒澤です。   先日、ある顧客先の経営者会議に出席していて、 こんな質問がありました。   「考え方が重要なのはわかる。 でも、その考え方があってるかどうか、 どうしたら、わかりますか?」   という質問です。


アーカイブ

2018

最新記事

執筆者一覧

内山 さおり
(女性の起業支援)

店舗経営・女性の起業について書いています。
内山の記事一覧はこちら

黒澤 森仁
(企業コンサルタント)

起業家・組織づくりについて書いています。
黒澤の記事一覧はこちら

佐々木 暢也
(公認会計士)

企業会計について書いています。
佐々木の記事一覧こちら


© 2018 一般社団法人日本マインドセット協会 All rights reserved.