MENU

部下が言われた通りに動かない理由

2014年4月5日

執筆:黒澤森仁


黒澤です。


先日、あるクライアントから、こんな相談がありました。

 

「黒澤さん、どうも○○部長が私の話を分かってくれていないようなんです。何度も話しているつもりなんですが・・・。


どうすればいいんでしょうか?」

※ちなみに、私はクライアントから黒澤さんと呼ばれています。

 

同じような相談を受けることは多いです。

 

「会議で何度も話をしているのにわかってない。」

「全然、言ったことをやっていない。」

 

この場合、残念ながら、社長が言ったことは伝わっていないことになります。

 

なぜ、伝わらないのか?

 

1.そもそも聞いていない。

2.内容が理解できない。

3.理解していても行動しない。

4.行動しているつもりでも間違っている。

5.行動しているが社長に伝わらない。

 

そんなところでしょうか?

 

よくクライアントにお話をさせて頂くことですが、多くの社長が、「これ位、言わなくてもわかるだろ。」という意識を持たれてます。

 

もっと言えば、「言わなくてもわかるだろ。」という意識さえしていない経験上の常識があります。


ところが、経験の浅い社員にはこの常識はありません。


そもそも前提条件が違っています。


だから、正確に伝わらない。理解している様でズレている、という事が起こります。

 

そこで、以下の3ステップが必要となります。


1、伝える。

2、理解したか確認する。

3、行動を見てズレを修正する


というステップです。


特に3番を軽視しがちですが、結果に直結するのは3の「行動を見てズレを修正する」です。

 

時間がかかって面倒だ。と思うかもしれませんが、初めに手間をかけないといつまでたっても状況はかわりません。


社長の経験による常識が社員に浸透するまで、キチッとやっていきましょう。

 

最新記事

  【マインドセットを体験してみませんか?】   目標を達成するために必須の考え方「マインドセット」ビジネスシーン・スポーツの世界では当たり前のように耳にするようになりました。   マインドセットとはどのようなものか?体験してみません

    著名な経営者やアスリートも実践している「マインドセット」 新潟市倫理法人会様のモーニングセミナーでマインドセットについて講話させていただきました。 高橋会長の素敵な笑顔、そして朝早くからの学びの時間はとても清々しい気

  日本マインドセット協会の内山さおりです。   協会が発足しおかげさまで5年になりました。 東京・神奈川・茨城・新潟・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡・徳島・熊本…と 各地に協会認定マインドセットインストラクターがおりますが、 今回は第


アーカイブ

2019

最新記事

執筆者一覧

内山 さおり
(女性の起業支援)

店舗経営・女性の起業について書いています。
内山の記事一覧はこちら

黒澤 森仁
(企業コンサルタント)

起業家・組織づくりについて書いています。
黒澤の記事一覧はこちら

佐々木 暢也
(公認会計士)

企業会計について書いています。
佐々木の記事一覧こちら


© 2019 一般社団法人日本マインドセット協会 All rights reserved.