MENU

SMAP、嵐の組織論

2014年4月12日

執筆:黒澤森仁


嵐、売れてますね~。


聞いたところによると、北海道のドームはスゴイ広くて満席になることはほとんどないそうですが、唯一、必ず満席にするのが「嵐」だそうです。


スゴイですね、嵐。


今日はちょっとミーハーな話題です。


ジャニーズ事務所は色々なグループを売り出すので結構参考になります。


・爆発的に売れたけど短期で終わったグループ。
・長い間、売れ続けているグループ。


色々といます。

 

私が世代的に知っているのは、


「たのきんトリオ」
「シブがき隊」
「光GENJI」
「少年隊」
「SMAP」
「TOKIO」
「KinKi Kids」
「嵐」
「関ジャニ∞」


といったところです。
(最近のグループはよくわからなくなってます。)


各グループで色々な特徴があります。


時代にマッチさせたポジションを確立してます。ポジショニングについては今回は省くとして組織についてです。


シブがき隊、光GENJIまではメンバー全員が歌と踊りがメイン。それに比べて、SMAP、嵐になるとメンバーの特徴が際立ってきます。


SMAPは、


・キムタクと稲垣くんは俳優路線。
・香取くんと草薙くんはバラエティー路線。
・中居くんはバラエティーだけど司会者寄り、といった感じですね。


嵐は、


・松潤は俳優路線。
・相場くんはバラエティー路線
・櫻井くんはバラエティーでも司会者寄り。
・二宮くんと大野くんはどちらも?


って感じでしょうか?


さらにリーダーの立ち位置が面白い。


SMAPの中居くんは自分自身がかなり目立ちます。司会的な役割でグループの中心的な立ち位置です。


一方、嵐の大野くんはあまり目立たない存在です。


中居くん的な役割は櫻井くんがしていて、大野くんはわき役のイメージが強い様に思います。

 

共通しているのは、


・どちらも個人で活躍できるフィールドを持っている。
・そして、グループでの活動も定期的にしている。


両方のバランスを保っている、ということですね。


違うのはリーダーの立場。


・SMAPはリーダーが中心的な存在。
・嵐はリーダーがわき役的な存在。


どこまでリーダーシップを取っているかは本当のところはわかりません。ただ、面白い構成だなと思います。

 

昔のグループはメンバー全員が活躍するフィールドが「ダンス」と「歌」でした。


最近のグループは、個人が活躍できるフィールドを持っている。


そして、グループでの活動も定期的にやっています。

 

組織の一人一人が活躍できるフィールドを持つ。そして、組織全体としての一体感も作り上げていく。


といったところでしょうか。


そして、リーダーよりも活躍できる人。


言い換えれば、リーダーよりも業績を出せる人がメンバーの中にいる。それをまとめられるリーダーシップ。


それが、今の組織が長期的に活躍できる条件と言えるかもしれませんね。


※今回の内容はあくまで個人的な見解ですので、ご了承ください。

 

最新記事

気温が上がり、薄着の季節になりました。   予防医学コンサル、体育科学博士の マインドセット協会認定インストラクターの武藤順子さんから ダイエットとマインドセットについてのメッセージが届きましたのでご紹介します。 ----------

インドセット協会認定インストラクターより マインドセットセミナーの開催報告が届きました。   京都府織物・機械金属振興センター様にて 京都府在住の認定インストラクター 早川 昌美さんからの マインドセットセミナーが開催報告です。 ---

  【マインドセットセミナー】東京 開催のお知らせ 認定インストラクターによる 成功者は誰でも知っている「最短で結果を出す方法」マインドセットセミナー     【日時と会場】<2019年4月16日(火)・4月22日(月)> 13時


アーカイブ

2019

最新記事

執筆者一覧

内山 さおり
(女性の起業支援)

店舗経営・女性の起業について書いています。
内山の記事一覧はこちら

黒澤 森仁
(企業コンサルタント)

起業家・組織づくりについて書いています。
黒澤の記事一覧はこちら

佐々木 暢也
(公認会計士)

企業会計について書いています。
佐々木の記事一覧こちら


© 2019 一般社団法人日本マインドセット協会 All rights reserved.